LUCID DREAMING.

君とのことは夢かもしれないな

それでもわたしはわたしを認めたい。

こんばんわ。


すっかり筆不精に磨きがかかってしまった。だって毎日毎日働くか寝てるかで生きてるのか死んでるのか分かんない何の面白みの欠片もない人生なんだもん!そりゃネタなんてないよ!

今回はわたしがわたしで在るためにしてきたことを真っ向から否定しようと思う。ちなみに今すっごい暇なんか?と言われたら全くもってNO。明日も9:00から22:00までバイトです!死にてえ。


ところで、わたしはつい最近まで(きっと他人から見たら)とってもストイックなおたくだった。ただひたすら推しの為に必死に働き、己のマイナスを省みず、きっと誰よりも必死にただ前だけを向いてこの16ヶ月を過ごしてきた。それが辛かったか?と問われるとそうではない。その間、確かにわたしは推しからたくさんのお返しを貰っていたから。それがいつも涙がこぼれる程に嬉しかったから。

そんな感じで限界まで削って削って削ってただガムシャラに足掻いてきたけれど、少し限界を突破してしまったらしい。5月にガタがきて、まず会社に行けなくなった。次に寝れなくなって、起きれなくなって、ごはんが食べれなくなって、外に出れなくなった。心底死にたいと思ったし、何度も意味もないことで泣いた。仕方がないので医者に行った。診断結果は双極性Ⅱ型障害という、躁鬱と鬱病が混在したれっきとした病気だった。


それでもわたしは諦めなかった。 " 長時間の労働ができない身体になってしまったのなら心身を削って短時間で稼けばいい!" 今思うとバカだ。大バカすぎる。それでもわたしは大真面目だった。結果としてわたしは一日で大金を手に入れることとなった。

心身が麻痺した後、次は感覚が麻痺した。「普通」が分からなくなった。普通の量、普通の金額、普通の考え方、普通の生き方、全て分からなくなった。今もまだ麻痺した状態から100%は抜け出せていないから、ちょっとおかしいままなんだと思う。


それでもそんな状態のわたしのことを、心配してくれる人達がいた。まずは自分のお母さん。会社に行けなくなった日から、こんなわたしのことを一度たりとも責めることはなかった。次にわたしの大切な人のお母さん。ただのファンのわたしのことをすごく心配してくれた。そしてわたしのお友だち。引き止めることはなかったけど、わたしのことを想ってくれた。わたしはそんな人達の存在があって、今また「普通」になろうとしている。


他人の為に見返りを求めず尽くせること。これはきっとわたしの美点であり、最大の欠点。それでもわたしはわたしのことを認めてあげたい。許してあげたい。救ってあげたい。わたしのことを一番に想えるのはわたししかいないから。わたしが生きてきた中で一番必死だった日々を、意味のないものだと思いたくないから。


推しの為に生きるのは、あと2ヶ月と2日。それが終わったら、わたしはやっとわたしの為に生きようと思う。

さよならとありがとうの混在したわたしは、その日やっと本当の意味で報われるのだと思う。