読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LUCID DREAMING.

君とのことは夢かもしれないな

君とのことが夢だったとしても。

こんばんわ。


早速ですが!みんな聞いてー!わたしのブログにー!初めてコメが付いたー!めちゃくちゃ嬉しかったです。通話しながらンエッ?!って叫びました。わざわざ書いて下さったそこのあなた、本当にありがとう。これからも(亀)更新するので、待っててくれたら嬉しいです…!


さて、今回はわたしにしては珍しくちょっと幸せな(?)ブログを書くよ。関係ない他人の幸せ見たくないって人(例:病んでる時のわたし)は戻ってね!今度幸せな時に見て、その時に幸せを分かち合おうね。


わたしと推しの話をしようと思う。

わたしは今の推しをひょんなきっかけで好きになった。たまたま行ったツアーで最前に入り、たまたまそこにいた推しの歌を数年ぶりに聴き、たまたま目が合った瞬間にすごく優しい笑い顔をされ「ああこの人だ」と直感し、そして今のわたしがある。本当に一瞬のことで、何故その時そう思ったのか、何故こんなにも好きになったのか、正直今でもよく分からない。


そこからわたしは推しの現場に通った。

正社員の社会人なので、行けないイベントやライブもたくさんあった。それでも行けるだけの全てのイベントに行った。推しがいるところに東西南北は関係なかった。電車に乗る日も、夜行バスに乗る日も、新幹線に乗る日も、飛行機に乗る日も、わたしはいつもドキドキワクワクしていた。


でも、ライブでわたしの席が悪く、いつもよりレスが少なくて不安に思った日もあった。後ろにたくさんの人がいるリリイベで、上手く話せなくて後悔した日もあった。見えない誰かに常に悪口を言われているような気がして、気が気じゃなかった日もあった。決して推しと過ごす時間の全てが、「楽しい」とか「嬉しい」だけの思い出じゃなかった。わたしは約一年と一ヶ月の間に、たくさん泣いて、悔やんで、怒って、沈んだ。


それでも、あの日わたしをわたしと認識してくれた時の表情が、二人で合わせた振りが、わざわざ会いに来てくれた日が、歩いた時間が、なんてことない会話が、頭を撫でてくれた手の温度が、たくさんの大切な思い出が、今のわたしを生かしている。

全ての思い出が、今のわたしを創っている。


たくさんのリスナー(ファン)がいる中で、わたしと目が合ったことは偶然だったのかもしれない。あの行動は全て気まぐれだったのかもしれない。わたしじゃなくても良かったことなんて、星の数ほどあったのかもしれない。もしかしたら、わたしの想いは重荷なのかもしれない。たまたまわたし達の生きている速度が被っただけなのかもしれない。


けれど間違いなく、今日のわたしは昨日のあなたに支えられている。明日のわたしは明後日のあなたに生かされている。あなたがいてくれるから、今日もわたしは前を向ける。未来を予想できる。伝えたい言葉が浮かぶ。重いしキモいけど、それだけで次会う日までわたしは頑張れる。その事実がわたしの中で生きている。それだけでいい。


いつか進んでいくあなたを見送る日が来ても、違う道をゆく日が来ても、もしかしたら全て夢だったとしても、あの時のわたしは全力だったと言える。明日全てが終わるとしても、わたしは本当に幸せだったと言える。


全てのことに確証なんてないから、日々がこんなにも愛おしい。いつかがあるからこそ、伝えたい言葉がある。素直じゃないから、普段は言わないけど。


あなたを好きになれて、良かった。