読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LUCID DREAMING.

君とのことは夢かもしれないな

君って思ってたより哲学だった。

こんばんわ。

推しが火曜日のパーソナリティを務めたラジポップ2.5が、終わってしまった。毎週普通に放送していたのに、終わりは本当に突然だった。最初信じられなくて「えっ、終わる?シーズン3始まる?」なんて思った人も多いだろう。まあわたしなんだけどね!


最終回を聴きながら、わたしは色んなことを思い出していた。コーナーが増えるたびに推しが楽しそうにしていたこと。忙しい時期でもラジオの日だけは声が聴けて安心したこと。ゲストさんが来るたびに新しい顔が見れたこと。途中から聴き始めたわたしでも分かるくらい、だんだん話が上手くなっていったこと。


わたしは、推しの過去のラジオや放送やテレビ番組をちゃんと見たことがなかった。「話ヘタだな〜」と思ってたし、実際見た時も面白いとか楽しいとか、そういう感情が湧いたことが一切なかった。今思うとヲタク失格なのかもしれない。でも推しのパフォーマンス以外に、求めるものも、興味もなかったのだ。


でも今回は違った。22時に仕事が終わった日も、ラジオのために自宅にガンダして帰った。外に出ていてギガが足りない日は、チャージしてまで聴いた。翌日仕事で5時起きの日も、眠気眼を擦りながら布団の中で聴いた。感想もたまにしか言わなかったしコメントも打たなかったけど、毎週楽しみだった。週半ばに聴く推しの声がわたしの支えだった。


そして、わたしはある事に気付いた。気づいたというよりは感じた。

あれ?わたし、ちゃんと思い出があるぞ?

いやなんのこっちゃと思うかもしれない。そうじゃなくて、わたしは今まで自分には「回数を重ねた思い出」しかないと思っていたのだ。それはわたしの中で、「時間を重ねた思い出」ではなかった。


大袈裟かもしれないけれど、推しとの時間って一つの歴史なのだ。今まで頭では分かっていたけれど心のどこかは納得していなかったことが、その瞬間ストンと腑に落ちた。「歴」という言い方はあまり好きじゃないけれど、やっぱりそれは「≒」で繋げることの出来る間違いない愛なのだ。

じゃあわたしは?わたしにとっての愛って、いったい何なんだろう?

現場に行くこと?CDや握手券を積むこと?プレを渡したり、フラスタを出すこと?推しの動画を宣伝すること?ツイートにリプライを送ること?それともやっぱり、歴なのだろうか?


現場に行くこと。
前にとある活動者の女の子が、「わたしのガチ恋とかいるけど口だけじゃん!会いに来てくれないのに繋がりたいとか、そういう好意だけぶつけられても困る。好きなら会いに来てよ!」と、わたしに零した。口だけの好きって、意味を成さない。お金とか、時間とか、労力とか、そういうものを推しの見えるところ見えないところに関わらず、重ねていくことが大切なんじゃないのかな?………これを見ている活動者とそのリスナーの皆はどう思いますかー!?(ここで丸投げ)


積むこと。
ヲタクとして回数を重ねることって、とても大事だとわたしは思う。全通しているわけではないから偉そうなことは言えないけれど!あとはもうただひたすら売り上げ貢献です。わたしが買ったCDを聴いた友だちが、実際にライブや接触に来てくれたりするし。そういう小さいことの積み重ねで、きっと人気って出るんだろうなあ。


プレを渡したりスタフラを出すこと。
これに関してはスタフラのみの話になるけど、まず推しに喜んでほしいから。その次は、ハッキリ言うと見栄だ。どの出演者宛の花よりも、大きくて見栄えが良くて綺麗な花を推しに出したい。そしたら、それを見た関係者が「この人のファンにはこんな花を出す人がいるのか。次にこの人をオファーしたら、集客や利益があるかな?」と思うかもしれない。一縷の希望レベルの話だけど、わたしは毎度そう思って花を出している。これは、推しには知られなくていい話。最後まで内緒にする話。


動画を宣伝したり、感想を送ること。
これは在宅でも出来る一番簡単な応援の仕方じゃない?時間がないとかお金がないとか、そういうのも関係ないじゃん?これらが出来なければ、きっと何も始まらない。きっと一番大切なことだとわたしは思う。


歴は、それらを積み重ねていくうちに気づけば経っているものなんだと思う。推しのいろんな姿や、夢が叶っていく瞬間、応援するにあたって出来ていく悩み。そういうものを蓄積した結晶のようなものなのだろう。こればかりはきっと何をもっても埋められない。ただ好きでいること。簡単なようで一番難しいことだから、誇りになり得るんだとわたしは思う。


こう考えると、愛ってたくさんの種類がある。ヲタクが一人いれば、そのヲタクなりの愛がある。一方的だとしても、勝手だとしても、誰も誰かのやり方を否定することは出来ないし同調する必要もない。好きにやればいいよ。あなたにしか出来ないやり方が、きっとあるはず。勿論わたしにもね。

ちなみにわたしにとっての愛とは、推しの未来に繋がることの全て。お金を使うことであり、同じ時間を過ごすことであり、労力をかけることだった。もしこれから先、考えが変わったら、その時はまたわたしなりにやってみようと思う。


最後に、質問です。

これはいつか聞きたいことだけど、推しへ。
わたしは今、あなたに何ができていますか?

これを読んでくれた皆さんへ。
あなたは愛のために、何ができていますか?